1月22日(火) 寒地土木研究所技術者交流フォーラム in 旭川「ここまで進んだドローンの活用そしてこれから・・・」のご案内

  寒地土木研究所技術者交流フォーラムは、国立研究開発法人土木研究所寒地土木研究所が、地域が求める技術開発に関する情報交換、産学官の技術者交流および連携等を図る目的で、平成20年度から道内各地で開催しています。
   34回目を迎える今回は「ここまで進んだドローンの活用そしてこれから・・・」にスポットを当て、ドローンを活かした調査研究の取り組みや、土木建設、農業分野でのドローンの活用に関わる現状についてご講演をいただき、地域振興に貢献する取り組みを紹介します。

http://www.ceri.go.jp/contents/event/20190122.html

国立研究開発法人 土木研究所 寒地土木研究所 イベント情報一覧を公開しています。

    1. 日  時 平成31年1月22日(火) 13:30~17:15

    2. 会  場 旭川トーヨーホテル2階「丹頂の間」
                       旭川市7条通7丁目右1号 

    3. 開会挨拶
          北海道開発局 旭川開発建設部長 樺澤 孝人 

    4. 基調講演
   演題「ドローンの活用で変化する未来」
         有限会社レイブプロジェクト 代表 請川 博一 氏 

    5. 講演1(寒地)
   演題「ドローンを活用した岩盤斜面の調査研究事例について」
         国立研究開発法人寒地土木研究所 防災地質チーム 研究員 山崎 秀策 

    (  休憩  )

    6. 講演2(官公)
   演題「建設分野におけるドローン活用の現在」
         北海道ドローン協会事務局長 藤原 達也 氏 


    7. 講演3(民)
   演題「農業分野におけるドローン活用の現在」
         京都大学東南アジア地域研究研究所 環境共生研究部門 連携准教授 渡辺 一生 氏 

    8. 閉会挨拶
         国立研究開発法人寒地土木研究所 技術開発調整監 新目 竜一 

 

   【主催】 国立研究開発法人土木研究所寒地土木研究所 
                    国土交通省北海道開発局旭川開発建設部
   【共催】 公益社団法人日本技術士会北海道本部道北技術士委員会 
   【後援】 一般社団法人旭川建設業協会、上川調査設計協会

 

  ※このフォーラムは、(公社)土木学会継続教育(CPD)プログラムとして認定されています。

 

  ※定員は200名です。参加を希望される方は事前にお申し込みをお願いします。

 

  ※聴講募集対象者:地域の技術者(大学、行政機関、試験研究機関、民間企業等)

 

  ※申込締切は、平成31年1月21日(月) です。

 

お申込み・詳細は下記アドレスをご参照下さいhttp://www.ceri.go.jp/contents/event/20190122.html

国立研究開発法人 土木研究所 寒地土木研究所 イベント情報一覧を公開しています。